登山やハイキングでは、天候は重要なポイント。
22SS☆新作☆直営 Louis Vuitton シグネチャー・ライン サンダル

大人もOK★MOSCHINOモスキーノ★スタッズロゴ 上下セット
中には、大雨や雷を起こす要注意な雲もあるので、ぜひ登山に役立ててください。

観天望気とは? 天気の予想は雲を見ることから始まる

【LLOYD】[プリンセス ] ラプンツェル 10K Goldブレスレット

【Superdry】新作! Everest Parka Coat 4色 ファー付き スリム

雲は、目に見えない空気の状態を語ってくれる貴重な存在であるが、それを理解するには、雲が発生するメカニズムや、雲の成長や発達を促したり消滅させる仕組みを知らなければなりません。

NIKE ユーティリティポーラーフリースクルー
また、平地ではほとんど無風であっても、山頂や稜線では強風が吹いていることがあります。そのようなときは雲の形状からわかることが多いです。登山口では必ず、空の様子をチェックし、稜線が強風が吹いていることが推定してみるといいでしょう。

観天望気に必要な知識!基本となる雲の種類とその高さ

22SS Saint Laurentカーディガン パッチワークジャングルニット

【ビーチに持って行きたい♪】HERMES ラバーサンダル 黒

基本となる雲の種類

  • 上層雲(5000〜13000m):巻雲、巻積雲、巻層雲
  • 中層雲(2000〜7000m):高積雲、高層雲、乱層雲
  • 下層雲(地上〜2000m):層積雲、層雲
  • 対流雲:積雲、積乱雲

◆Christian Louboutin◆Cabalace Smallバッグ トートバッグ 0:FREE

【ひとつでも重ねても◎】SODA【欲しい分だけ片耳分から◎】

巻雲

空の高いところにカールを描く透き通った雲。好天が続くときに現われることが多い「晴れ巻雲」と、天気悪化の前兆になることが多い「雨巻雲」がある。前者は乾いた感じの毛状の形、後者は湿った感じやかぎ状の雲。

巻層雲

空の広範囲を薄く覆うように現われる雲で、「うす雲:とも呼ばれる。この雲が太陽や月を覆うと、その周りにかさがかかることがある。巻層雲が巻積雲に変わっていくと、天気が崩れることが多い。

巻積雲

魚のうろこのような、白い塊状の雲。古くから「うろこ雲」や「いわし雲」と呼ばれている雲で、秋の空によく現われる。気流の変化が激しいときにできる。ひとつひとつの塊が大きくなって、高度が低くなってくるようだと注意。

高積雲

巻積雲よりもひとつひとつの雲塊が大きく、雲底の高度も下がり、雲の一部が灰色になることも。その形から@「ひつじ雲」とも呼ばれる。夕焼けに照らされると非常に美しくなる美人雲。全天に広がると天気が崩れることが多い。

高層雲

空全体を覆う灰色の雲で、太陽や月が透けて見えることがある。通称「おぼろ雲」。巻層雲が次第に高層雲に変わるようなときは、数時間後に雨になることが多い。

乱層雲

雨雲、雪雲とも呼ばれる。全天を覆う暗い灰色の雲で、しとしとと長時間、雨を降らせる。色が黒に近いほど強い雨が降る。この雲が現れたら、低気圧や温暖前線が接近している証拠だ。

◆Christian Louboutin◆Cabalace Smallバッグ トートバッグ 0:FREE

§ Apres Ski § 国内発送 / オクターブ・トーターズピアス

◆Christian Louboutin◆Cabalace Smallバッグ トートバッグ 0:FREE

霧がかかっているときの雲。「きり雲」とも呼ばれる非常に薄い雲で、赤外線の衛星画像では判別が難しい。山ではほかの雲でも霧に包まれるので見分けが激しい。

◆Christian Louboutin◆Cabalace Smallバッグ トートバッグ 0:FREE

「わた雲」と呼ばれるように、白い綿が空に浮かんでいるように見える。大気が安定しているときは、現れてもすぐに消えていくが、大気が不安定なときは上方へもくもくと成長し、カリフラワー状になっていく。

希少サイズ♪◆CELINE◆フレアジョギングパンツ 新作♪海外発♪

「入道雲」と古くから呼ばれてきた雲。積雲が発達して雲の上部が氷点下の高度に達したもの。大気の状態が不安定なときに現われ、雷雨やゲリラ豪雨、突風、雹、大雪などをもたらす危険な雲。

★国内即発★DIESEL リヨセル スリムスキニージーンズ THOMMER
登山・ハイキングが大好きです。約8年間、月1〜2回のペースで、夏も冬も山に遊びに行っています。そんな自然の中で経験した登山を楽しんだり、ちょっと知ってよかったと思える情報をゆるりとお届けしています。
METODOCOMPROVADO.COM.BR RSS